亜鉛を含む食べ物

亜鉛が多く含まれる食べ物とは

亜鉛は日々の食生活で摂取することができます。というよりもそもそも現代人に亜鉛が不足している理由のひとつが食生活の変化によるものとされています。

 

つまり昔は日々の食生活で何の問題もなく必要な亜鉛を摂取できていたのが現代ではできなくなっているというわけです。ですから食生活さえうまく改善すれば亜鉛不足を解消することもできますし、精力増強や育毛、美容といった目的で亜鉛の摂取を増やしていくことも十分可能です。

牡蠣やレバーは含有量が多いものの、毎日の摂取には難しい食材

亜鉛が多く含まれている食材には2つのタイプがあります。まず非常に含有量が多い一方、風味にクセがあって毎日食べるのは難しいタイプ、もうひとつは含有量はそれほどではないものの日常の食生活の中で取り入れやすいタイプです。

 

この2つのタイプを日々の食生活の中でいかに工夫して取り入れていくことができるかが亜鉛を摂取していくうえでの重要なポイントとなります。

 

身近な食べ物の中でもっとも多く含まれているといわれているのが牡蠣です。生の状態で100グラムにつき13.2ミリグラムほど含まれています。成人男性の1日の目安となる摂取量が12ミリグラム程度ですから、牡蠣だけで十分に補うことができるともいえます。ただ、火を通したり茹でたりするなど調理の過程で失われる可能性もあるのでその点も踏まえておく必要があります。

 

次に多く含まれているのがレバー。こちらは100グラム中で6.9ミリグラムほど含まれています。ビタミンB群と併せて摂取できるレバニラ炒めがスタミナ増強にピッタリといわれるのも亜鉛をしっかり摂取できる面もあるからです。

肉類をはじめゴマや海苔にも。食事で補いきれない部分はサプリでカバーを

この2つの食材をうまく取り入れていけば亜鉛不足を解消できる…といいたいところなのですが、どちらもクセが強く好き嫌いがはっきり分かれがちです。どうしても無理、という人もいるでしょうし、好きな人でも毎日食べるのはちょっと無理があるというものです。

 

それだけにもう少し無理なく食べられる食べ物での摂取が求められます。亜鉛は動物性たんぱく質にも含まれており、牛肉、豚肉、鶏肉で摂取することも可能です。

 

ダイエット中の女性は肉類を避けてしまいがちですが亜鉛を摂取する観点からもきちんと食べた方がよいでしょう。ただ動物性たんぱく質ばかりに頼った食生活は動脈硬化の原因にもなるのであくまでバランスの取れた食生活が前提です。毎日無理なく食べられるものとしてはゴマや海苔などが挙げられます。

 

ほかには昆布やカニ、納豆、卵などでも亜鉛を摂取していくことができます。できるだけ食事でうまく補いつつ、不足がちな部分はサプリメントでカバーする。バランスのよい食生活で亜鉛不足を解消できる環境づくりを目指していきましょう。

男性向けのおすすめマカ

サントリーのマカ

男性向けのマカサプリメントとしてはサントリーの「マカ冬虫夏草」などがおすすめです。
大手ならではの原料へのこだわりと厳しい品質管理のもと作られており、安心して利用できるマカサプリメントとして、多くの中高年男性が利用しています。
特にマカだけでなく冬虫夏草など貴重な成分も配合されており、その相乗効果も話題となり、活力不足に悩む若い世代や女性にも愛用者が増えています。

送料無料・20%増量中!サントリーの「マカ冬虫夏草」公式ホームページへ


女性向けのおすすめマカ

makana(マカナ)

マカナ

マカを始め葉酸、スピルリナなど妊活に必要な成分を網羅したオールインワンの妊活サプリメント
安全・安心で高品質な無農薬国産マカを100%使用、さらに妊娠前からの摂取が奨励されている葉酸や妊活の大敵「冷え」を予防する金時しょうが、豊富な栄養素が注目を集めるスピルリナなど、これ一つで妊活に必要な成分をまとめてとることが出来る、妊活専用マカサプリです。

定期初回は3,980円!公式HPで詳しく