亜鉛の摂取方法

亜鉛を上手に摂取するには?

亜鉛は体内にそれほどたくさん含まれているわけではないため、1日の摂取量の目安も多量ではありません。成人男性で12ミリグラム程度、女性では9ミリグラム程度。この男女差は男性は女性に比べて汗や精子の放出によって亜鉛を失うことが多いほか、アルコールの影響を受けやすいからだといわれています。

食生活の改善が前提だが、難しい場合はサプリで補うのも一つの方法

なお、妊娠・授乳中の女性は普段よりも多くの摂取量が求められます。胎児・赤ちゃんの成長のために亜鉛が必要なためで、妊娠中は1日11ミリグラム、授乳中は12ミリグラムと成人男性なみの摂取を心がけることになります。

 

そんな亜鉛を上手に摂取するにはいくつかのポイントがあります。食生活でうまく補っていくのはもちろんですが、サプリメントで効率よく摂取していくのもひとつの選択肢です。

 

現代人に亜鉛が不足している理由のひとつが食生活の乱れといわれているだけにそれを改めることが重要なのは言うまでもありませんが、いろいろな事情で難しい部分もあるものです。亜鉛をうまく取り入れていくためのメニューを毎日考えるだけでも大変ですし、仕事が忙しいとどうしても外食やインスタント食品などに頼りがちになってしまいます。そのため亜鉛が不足している人は無理に食生活だけでカバーしようとせずサプリメントを取り入れるのがお勧めなのです。

一緒に摂取することで相互作用や影響が出る成分もあるので確認しておく

サプリメントで摂取する際には飲み方やタイミングにも工夫しましょう。同じサプリメントでもこうした工夫次第で効果に違いが出てきます。食事にしろサプリメントにしろ摂取した成分が体内に吸収されなければ意味がありませんから、できるだけ吸収率を高める工夫が求められるのです。

 

サプリメントを飲むタイミングは食後が理想的で、食事の後で栄養分が体内に吸収されやすい状況をうまく利用すると働きがアップします。逆に食前や空腹時に摂取すると不快感や吐き気を感じてしまうこともあるので注意が必要です。

 

もうひとつ、他の成分との相互作用や影響も考慮することも大事です。亜鉛と一緒に摂取することで吸収率を高める成分もあれば逆に吸収を阻害してしまう成分もあることです。

 

とくに注意したいのがインスタント食品によく含まれているフィチン酸と呼ばれる成分で、体内で亜鉛と結合してしまうことで体内に吸収されにくく、そのまま排出してしまうようになります。この点でもインスタント食品は注意が必要なのです。

 

また、牛乳に豊富に含まれていることで有名なカルシウムやコーヒーに含まれているタンニンも亜鉛の吸収を妨げます。どちらも健康によい成分だけに摂取をさけるのではなく、うまくタイミングをずらして摂取するよう心がけましょう。

 

逆に吸収率を高める相性がよい成分にはビタミンCやクエン酸が挙げられます。こうした成分とうまく摂取できる環境、サプリメント選びなどを工夫してみるとよいでしょう。

男性向けのおすすめマカ

サントリーのマカ

男性向けのマカサプリメントとしてはサントリーの「マカ冬虫夏草」などがおすすめです。
大手ならではの原料へのこだわりと厳しい品質管理のもと作られており、安心して利用できるマカサプリメントとして、多くの中高年男性が利用しています。
特にマカだけでなく冬虫夏草など貴重な成分も配合されており、その相乗効果も話題となり、活力不足に悩む若い世代や女性にも愛用者が増えています。

送料無料・20%増量中!サントリーの「マカ冬虫夏草」公式ホームページへ


女性向けのおすすめマカ

makana(マカナ)

マカナ

マカを始め葉酸、スピルリナなど妊活に必要な成分を網羅したオールインワンの妊活サプリメント
安全・安心で高品質な無農薬国産マカを100%使用、さらに妊娠前からの摂取が奨励されている葉酸や妊活の大敵「冷え」を予防する金時しょうが、豊富な栄養素が注目を集めるスピルリナなど、これ一つで妊活に必要な成分をまとめてとることが出来る、妊活専用マカサプリです。

定期初回は3,980円!公式HPで詳しく